乳首の黒ずみ、その原因はメラニン色素

乳首 黒ずみ 解消 ルミキシルペプチド

 

乳首の色は千差万別です。
そのため生まれつき、色が濃い人もいます。

 

また皮膚の色が濃い目の人は、やはり乳首も濃い色になりやすい傾向にあります。
ただそう言う場合を除いては、その最大の原因はメラニン色素だと考えられます。

 

メラニン色素はシミの原因にもなっている、黒茶色の色素です。
これは肌に物理的なダメージが加えられたり、紫外線を浴びたりすると、肌を守るためにたくさん生成されるようになります。

 

ただし発生したメラニン色素は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーで排出されれば、黒ずみになることはありません。

 

ターンオーバーの周期が乱れていると、メラニン色素が蓄積されやすくなり、それが結果として黒ずみになると言うメカニズムです。

 

乳首の場合、紫外線が直接、あたることは考えにくいです。
ただし物理的ダメージに関しては、たとえば痒みがあって掻いたり、授乳中に赤ちゃんに吸いつかれたり、ブラジャーが擦れることで発生し得ることはじゅうぶんに考えられることです。

 

またもとから皮膚の色が濃い人は、メラニン色素が作られやすい体質だと言えます。
そのため、普通の人よりも小さな刺激でメラニン色素が生成され、黒ずみができやすい体質であるとも言えます。

乳首の黒ずみを解消するために必要なこと

乳首 黒ずみ 解消 ルミキシルペプチド

 

原因から考えると、乳首の黒ずみを解消するためには、まずはメラニン色素を作らせないことが必要です。
乳首に対する物理的な刺激を、できるだけ避けることが重要です。

 

そしてメラニン色素をターンオーバーで排出することが必要で、これはターンオーバーの周期を整えるために、規則正しい生活習慣を送ることが重要です。

 

そしてメラニン色素の生成を抑制するためには、それ専用の成分の力を借りるのも有効な方法です。
(とても参考になったサイトがあったので載せときます→乳首をピンクにする方法*黒ずみ乳首を約60日でピンクにしました。)

 

その成分として挙げられるのがルミキシルペプチドです。

これは具体的には、メラニン色素の中にある酵素の働きを抑制することで、メラニン色素自体の生成を抑えることに効果が期待できる成分とされています。
ただしその半面、既に生成され分泌されてしまったメラニン色素に対しては、ルミキシルペプチドは効果が薄いとされています。
ただ全くその効果がないと言うわけではないので、使い続けることで効果が期待できるとも言えます。

 

ルミキシルペプチドの魅力は、他の美白成分に比べると肌に優しいと言う点です。
これは、この成分が天然のタンパク質であるためです。

 

乳首は敏感な部位ですから、毎日、使い続けることを考えれば、この肌への優しさは非常に大きなメリットです。
クリームなどに含まれていることが多いですが、勿論、そのクリームを塗る際にも、メラニン色素の生成を促さないために、やさしく塗る必要があります。